胃痛

経緯(トリガーなど)

2010/09、スポーツクラブで実施した、電気治療器販売会社のイベントでのこと。スクランブルウェーブDXという商品を使って、自律神経を良くする通電治療体験を受けたのちに発症。具体的には、腰とうなじに電極を付けて電波を体に通し、両手指先にビリビリ感じる刺激を20分ほど受けた。
もしかして、
神経系への電波出力が大き過ぎた?
うなじ(首)の電極位置は頭に近過ぎた?

症状

薬物治療中でも、午前3時に目が覚めたときは、耐え難い胃痛に1時間ほど七転八倒する。

通院

休日だったので、総合病院の救急外来で診てもらい、別の日に検査予約。胃カメラを飲んでいろいろと原因を探した結果、逆流製食道炎と診断。

治療

・タケプロンOD錠(消化性潰瘍用剤/プロトンポンプ阻害剤)
・アシノン錠(消化性潰瘍用剤/H2遮断薬)
・ブスコパン錠(鎮けい剤/鎮痙剤)
*頓服として腹痛時に服用

効果

胃痛は無くなりホッとしました。午前3時に苦しむのはこりごりですから。

思うこと(原因?)

2012/12現在、眠れる日が増えているので、午前3時に目覚めても軽い胃痛で終わる。不眠と関係しているので原因はストレスでしょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中